top of page

カリンバ・親指ピアノは親指で弦を弾いて音を出す
誰にでもできる簡単な楽器です。

蓮は色んなインスピレーションを降ろしてきてくれます。
心を込めて描きました。

カリンバの天板にはバーニングアート・焼き絵を施しています。

演奏やレコーディングで使用するカリンバは 全て自作のを使ってます。
この小さなボディながらもしっかりとビブラートや中に入ってる
シンバルの音も冴えてる一台 。

☆期間限定特典☆
*CD音源付き♪

演奏動画もあります。
カリンバ動画(コピペしてご覧になってください)
https://youtu.be/sGz9VakhkJU
https://youtu.be/W1K5CnH79Sk
https://youtu.be/CTlwtZyKSOs

__________

僕の作るカリンバは、
ココナッツ(ヤシの実)をベースに
より響きよくビブラートがかかるように工夫してあります。
弾き方は自由が基本ですがコツを覚えると弾いてて楽しくなります。 
時々は何も考えずに 感じたまま 弾いてみて下さい。

自分の内なるメロディをさがしに旅の途上や自然の中で奏でてみて♪

ルーツはアフリカで日本や欧米ではサムピアノ(親指ピアノ)と呼ばれ、

アフリカではその歴史の古さゆえ「心の楽器」と呼ばれてます。

なぜ「心の楽器」なのか?それは、この楽器が弾き手の心の中のリズムや

メロディーを引き出してくれ、その時の心情や感情を表現出来ます。

聞き手には自分の原風景や懐かしい思い出を

垣間見えたりする楽器だと言われています。

弾き手・聴き手にもたらしてくれる、「ヒ−リング効果」や

「瞑想的